2012年11月23日

理想的なエアフローのPCケースを考える。 その3


理想的なエアフローのPCケースを考える。 その2」で、理想的なエアフローのPCケースを考案してみたが、実はまだ少し気にかかっている点がある。

それは、グラフィックカードの内排気への対処である。
グラフィックカードには、大きく分けて、外排気のみのリファレンスモデルと内排気もするオリジナルモデルの2つがある。
リファレンスモデルの場合、ファン1つで外排気のみで、ケース内に排熱を排気しないが、その代わりグラフィックカード自体は温度が上昇しやすい。
また、ファンがシロッコファンということで、静音性は低い。
一方、オリジナルモデルは、グラフィックカード・メーカーで独自のファンを付けており、たいていの製品はツインファンを採用している。
したがって、リファレンスモデルと比べて、冷却性が高く、しかも静音志向のファンが付いていることもあるので、音も比較的静かであり、非常に人気が高い。
しかし、問題は、ツインファンの場合、前方のファンの排熱はケース内に排気してしまい、その結果、ケース内温度を上昇させ、他のパーツへ悪影響を及ぼす点にある。
特に、影響が及ぼしそうなのはCPUで、ケース前方で内排気すると、前面ファンの風と合流して、それがCPUクーラーのファンから吸気することになる。

PCCase-Originalfan.gif

このような状況になると、CPUクーラーが吸気する空気は、室温+HDDの温度に加えて、内排気の排熱温度が加わり、かなり高い温度の空気でCPUを冷却することになるだろう。
したがって、この内排気問題をクリアしなければ、エアフローを改善しても万全とは言えないのである。

しかし、この問題に関しても、通常のファンよりも、直進ファンの方が優位である。
それは、内排気された排熱を直進ファンの風によって、ケース背面まで押しやり、CPUクーラーのファンへ向かうことを抑えることができる。
特に、内部にファンを設置して、近距離から直進風を当てる場合は、FT04のように、グラフィックカードまで距離があり、しかもHDDケージを通過した風より効果的であろう。

PCC-AF-L001-Originalfan.gif

このように、近距離からの直進風であれば、おそらく内排気の排熱を背面まで押しやることができるだろうが、ただ、それでも排熱の一部がCPUクーラーのファンへ流れることはあり得るかもしれない。

そこで、その対処として、以下のような仕切り板を設置するのはどうだろうか?

PCC-AF-L001-Originalfan2.gif

灰色の棒状のものが仕切り板で、これを180mmファンの間のHDDケージからCPUファンの付近まで設置すると、排熱がCPUクーラーに流れることを防止することができる。
これであれば、整流板として内排気の場合でも排熱の流れを制御でき、CPUの温度を抑えることができるだろう。
問題があるとすれば、このような仕切り板を設置できるかどうかである。
ハイエンドクラスのグラフィックカードを設置した場合、メモリースロットまでの距離がかなり接近する。
また、マザーボードによって、CPUソケットやメモリースロットの位置が若干異なる場合もある。
したがって、ユーザーの希望やパーツ構成によって、必ずしも設置する必要がないように取り外し可能なものにしなければならないのは言うまでもない。
ただ、しきり板は薄い形状でも十分であり、干渉しそうな部分だけくりぬいておけば、設置は可能であろう。
例えば、メモリースロットを考慮した場合、そのくりぬいた部分からCPUクーラーのファンへ流れることが考えられるが、それでもしきり板を設置しない場合よりは、その流れをかなり抑えることができるだろう。
あくまで、試案ということで、実現できるかは分からないが、検討してみる価値はあるのではないだろうか?
ラベル:エアフロー
posted by PC_Considering at 17:32| PCケース企画案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。