2012年11月23日

理想的なエアフローのPCケースを考える。 その2


理想的なエアフローのPCケースを考える。 その1」では、SilverStoneのFT04のダメ出しに終始してしまったが、ここからは、理想的なエアフローをさらに追求してみたいと思う。

FT04は、簡単に言えば、上下逆さまにすると、かなり優れたPCケースとなる。

ただ、それでも問題となりそうなのは、前面にHDDケージが存在することである。
つまり、直進ファンの「Air Penetrator」があっても、HDDケージやHDDの設置によって、直進風が変化する恐れがあるということだ。
これでは、同じ直線的エアフローでも煙突効果型ケースよりも冷却性が劣ることになることが想像できる。
もちろん、この点はSilverStoneも考慮しているだろうし、あまり影響がないので、このような構成にしているのであろう。
また、TJ08-Eでも同様の構成であるが、冷却性は非常に高いことから、大きな問題はないのかもしれない。
しかし、HDDの設置数や配置位置によって、気流が変化するのは確かであろうし、しかも、HDDの配置がAntecケースで定番であった水平横置きであるため、ケーブルが直進風の気流を乱すことが考えられそうだ。
また、HDDケージも180mmファンと同じ大きさではないので、ここを直進風が通過すると、やはり気流を乱す原因となるだろう。
個人的には、CoolerMaster社ケースのような水平縦置きよりも、水平横置きの方がHDDの冷却性が高いので、好きではあるが、せっかくの直進性がある風に影響を与えるのであれば、改善策を考えなければならないだろう。
また、もう別の問題として、HDDケージがあると、前面ファンとマザーボードまでの距離が離れるため、煙突効果型ケースと比べて、不利な条件となる。
これでは、煙突効果型PCケースから完全に進化したエアフローとは言い難いことになるだろう。

そこで、ファンの風の直進性を維持し、なおかつ、マザーボードの近い位置にファンを設置するのが、より良い方法ではないかと考え、次のようなエアフローを考案してみた。

PCC-AF-L001beta.gif

HDDケージを水平横置きとして、HDDケージの内部に180mmファンを設置する方法である。
このような内部にファンを設置できるPCケースは、既存の製品にもあり、実現性は全く問題ない。
これであれば、HDDやHDDケージによって、直進風の気流が乱れることなく、ダイレクトにマザーボードへ風を送ることができる。
また、HDDを水平横置きにすることで、HDDケージのスペースが狭くまるので、内部スペースに余裕ができたり、ケースの奥行きを短縮することができる他、配線も楽になる。
さらに、内部にファンを設置するということは、それだけ静音にもなるということでもある。
同じファンの騒音値であっても、前面にファンを設置した場合、人がいる位置に近いので、音が伝わりやすいが、内部であれば、比較的音は伝わりにくい。
しかも、前面扉があるので、さらに音は伝わりにくく、静音面でも優位である。
このように、内部に直進ファンを設置すれば、冷却面でも静音面でも、煙突効果型PCケースに引けを取ることはないだろう。

しかし、このファン構成で問題になるのは、HDDの冷却性である。
前面ファンであれば、直接HDDへ風を当てることができるが、この構成ではそれができない。
その点では問題があるだろう。
しかし、HDDは、そもそもCPUやGPUと比べて高温になるものではなく、他の熱源の影響を受けなければ、極端に温度上昇するものではない。
その点では、マザーボードとHDDケージが完全に隔離され、しかも直進ファンが間にあるので、大きな問題は生じないだろう。
もちろん、HDDは高温に弱いので、熱源から隔離するだけでは、夏場は十分とはいえない。
しかし、HDDケージの内部にファンがあるということは、そこへ向かって前面から室内の空気を吸引することになるので、ケース前面からHDDケージへ空気の流れが生じることになる。
しかも、Air Penetratorは、通常のファンと比べて静圧度が高く、AP182の場合、700RPMで1.1mmH2O、1200RPMで2.45mmH2Oという高い値となっている。
これだけ空気の吸引力が強いということは、前面からHDDケージの間に通常のファンより強い空気の流れが生じることになる。
したがって、密閉されて空気がない状態ではなく、通気性があるので、その通気性で冷却効果はあるはずである。
しかも、HDDケージの内部にファンがあるということは、HDDを基準にすると、HDD用の排気ファンがあるのと同様である。
つまり、HDDケージには、ファンによる静圧、吸引力によって通気性があり、しかも排熱を除去することができるので、極端にHDDの冷却性が低下することはないだろう。
ただ、それでも、通常の構成のようにファンの風を直接流せないという点では、問題があるといえばあるだろう。
そこで、通常のケースの前面ファン設置位置に、オプションでファンを設置できるようにしてみた。
180mmファンを設置するという考え方もできるが、ここは必ずしも直進ファンである必要はなく、また180mmファンはあまり手に入れにくいので、120mmファン×3の構成の方がいいと考えた。
あくまで、HDD冷却用なので、低価格のファンや手持ちのファンを設置してもいいだろうし、静音ファンを設置してもいいだろう。
また、3つ全て増設する必要はなく、HDDの台数に応じて1又は2つだけ追加することもできる。

以上のように、HDDの冷却性の問題についても、これでクリアできるはずである。

その他の問題としては、奥行きがFT04と比べると、内部に180mmファンを設置するため、その分増すことになるだろう。
この内部構成で、内部スペースの寸法は、220(W)×540(D)×495(H)となり、底面にラバーフィートや前面扉の奥行き寸法やデザイン的な装飾によっては、220(W)×550(D)×520(H)程度の外寸となるだろう。
奥行きは、さらに短縮することは可能だが、3.5インチベイの少なさを補うために前面に2.5インチベイスペースを設けた点と330mmまでのグラフィックカードのスペースを確保し、なおかつ、できるだけ近距離で直進風をグラフィックカードに当てること、マザーボードとファンの間に裏配線ホールを設けることやXL-ATXマザーボードの対応を想定するとこのくらいの奥行きがあった方が実用的であると考えた。
しかし、これらを無視した場合には、奥行き50cm以内とすることは可能である。
なお、高さも短縮可能であるが、XL-ATX等に対応するため、余裕がある高さを設けている。

このような内部構成にすると、煙突効果型ケースのFT02やまもなく発売されるFT04を超えるPCケースになるのではないだろうか?

ただ、個人的には、さらなる試みがあるので、ここから改良を試みてみたい。

posted by PC_Considering at 16:19| PCケース企画案 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。