2012年05月26日

正しく正圧化が出来ているかを確認する方法


正圧化することは、なかなか難しいことを他の記事で述べたが、本当に正圧化できているのかを確かめるのも、また難しいものである。

通気口等にティッシュをかざしてみる方法があるが、明らかな正圧でないと、通気口から流れる空気は少なく、よく分からないだろう。
そもそも、明らかに正圧であれば、そのような事をやる必要はない。

では、どうすれば、正圧化できているか確認できるのかというと、サイドパネルを開けてみることだろう。
もし、サイドパネルを開けて、ケース内温度が下がったとしたら、それは正圧化できていないことになる。
場合によっては、正圧化できていても、温度が下がることもあるが、その場合は、正しく正圧化できていないことになる。

サイドパネルを開けると、どういう効果があるかというと、サイドパネルを開けた部分全体が、大きな通気口と同じ役割になる。
もし、正圧化したつもりでも、負圧であれば、サイドパネルを開けた部分から大量にケース外の空気を吸気することになり、その結果、温度が低下したと判断できるので、そのPCは負圧ということになるだろう。
但し、正圧化していても温度が低下する場合がある。
それは、排気量が不足している場合で、その場合には、正圧ではあるので、サイドパネルを開けると、その部分からケース内の空気が排気されることになるが、その結果、温度が低下するならば、ケース内の熱気が排気ファンから十分に排気されていないことになる。
よって、排気量を十分確保していない状態で正圧化している点で、正しく正圧化できていないことになるだろう。
つまり、サイドパネルを開けることによって、正しく正圧化できているか確認することができるのだ。

排気量を確保しつつ、それ以上に吸気量を増やしている状態、つまり正しく正圧化できている状態であれば、サイドパネルを開けると、本来、吸気ファンから排気ファンや背面の通気口、拡張スロットのブラケットへ流れる空気が、サイドパネルから流出することになるので、僅かであっても、温度は上昇するはずだろう。
正しく正圧化された状態であれば、ケース内の空気は、吸気ファンから排気ファン、通気口へ一定の風量が決められたルートで排気されるが、サイドパネルを開けた途端に、そのルートは変更され、サイドパネルへショートカットされる。
したがって、ケース内のエアフローは悪くなり、温度上昇するだろう。
よく言われる「エアフローが良いPCは、サイドパネルを開けると温度が上昇する」というのは、その通りであり、さらに、正しく正圧化できているかを確認することもできるのだ。

反対に、夏場の冷却対策として、サイドパネルを開けて使用するユーザーがいるが、これは、正圧化以前に、エアフローを考えることを放棄したユーザーが行う行為である。
日頃からエアフローを検討していれば、このような短絡的な最終手段を採る必要はないはずである。
もちろん、急場しのぎの最終手段としての有効性を否定する気はないが、残念な方法であることも否定できない。

まもなく、暑い夏の季節がやって来る。
その前にエアフローを検討し、正しく正圧化できれば、サイドパネルを開けてPCを使用する必要はなくなるだろう。
そのためには、暑くなる前にエアフローを検討し、調整し、この方法で確認しておくのがいいだろう。

サイドパネルを開けるのは、夏ではなく、夏が来る前にやるべきことである。
そうしておけば、節電の夏に開けるのは、サイドパネルではなく、部屋の窓だけで十分になるだろう。
posted by PC_Considering at 06:55| エアフロー総論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。