2012年05月26日

机の下のエアフロー


PCのエアフローを検討する場合、当然、PCケース内のエアフローを検討することになるが、実を言うと、これだけでは、必ずしも十分ではないことがある。

PCケース内のエアフローだけではなく、排気した空気の流れ、つまり排熱のエアフローも重要になることがある。
特に、PCを机の下に設置している場合、思わぬ排熱の影響を受けることがある。
負圧の場合であれば、当然であるが、正圧の場合でも影響を受けることがあるのだ。
例えば、少し特殊な場合ではあるが、背面吸気あるいは上面吸気をしている場合だ。
このようなエアフローの場合、机の下に溜まった排熱を吸気ファンで吸気してしまうことが考えられる。
PCのエアフローにもよるが、PCの背面、つまり机の奥はPCから排気した排熱が溜まりやすい。
当然、この排熱は、室温よりも高いので、煙突効果により上昇する。
背面吸気していて正圧にしている場合には、背面の通気口や拡張スロットのブラケットから排気された排熱が上昇し、背面吸気ファンで吸気することになるだろう。
また、机の下は密閉度が高いため、煙突効果によって上昇した排熱は、机の上へ抜けずに机の下の上方から前に向かって流れることになる。
そうなると、上面ファンの付近へも排熱が流れることになる。
特に、上面ファンが吸気であれば、ファンの静圧、吸引力によって、なおさら上面ファンへ排熱が引き寄せられることになるだろう。
その場合、上面吸気の状態では、この排熱を吸気することになってしまうだろう。

このように、かなり限られた条件ではあるが、机の下の排熱の流れが、冷却性に影響を与えることがあるので、注意が必要だ。
対策としては、PCを机の下に置かないことが根本的な解決策となるが、机の上にPCを置いた場合、机が狭くなるという問題があり、また、机の横に置いた場合も、机以外のスペースが必要である。
特に、机の横に置いた場合で、机に飲み物を置いていると、万一飲み物をこぼした際、PCケースの上面ファンから飲み物がPC内部に流れ込むという最悪の事態を招く危険性がある。
その点を考慮すると、やはりPCを机の下に置くのが良さそうである。
では、机の下にPCを置く場合の対策であるが、有効なのは、壁と机の間を開けて、排熱が机のから抜けるスペースを作ることだろう。
このスペースは、煙突効果で机の下を上昇した排熱のまさに煙突の役割となり、机の下から排熱を机の上に逃すことができる。
ただ、机を前に寄せることになるので、少し部屋のスペースが減ることになるが、効果はありそうだ。
上面ファンを吸気にしている場合には、ファンによる吸引力で、机を壁から離していても、上面ファンの方へ少しは排熱が流れる場合もあるかもしれない。
その場合には、少しやりすぎの感はあるが、USBファンを壁と机のスペースに設置する方法がある。
ここにファンを設置すれば、排熱は基本的にファンに吸引され、ファンから机の上に排気されることになるだろう。
これによって、机の下のエアフローは改善されることだろう。

また、排熱がPCケース内に吸気されなくても、背面排気、上面排気の場合に、排熱が机の前方へ流れ、机の前にいるユーザーに排熱が流れることがある。
冬場は、排熱が暖房代わりになって良い場合もあるだろうが、夏場は、排熱の影響でなおさら暑くなるだろう。
この場合にも、上記の方法は有効だと考えられる。

なお、前面吸気の場合には、机の下のエアフローの影響はないであろう。
排熱が机の前から流れてきても、排熱は上昇するので、机の下のPCの前面ファンから排熱を直接吸気することは、まずないだろう。
同様に、底面吸気も問題ない。
但し、電源ファンのように、机の奥で吸気している場合には、上昇した排熱が机の下に溜まりすぎた場合には、机の奥の下方まで排熱の影響が出て温度上昇することがあり得る。
その場合には、机の奥の床付近まで温度上昇するので、その温度上昇した空気を底面のファンで吸気する可能性はある。
その場合には、上記の方法を採った方がいいだろう。
側面のファンについては、サイドパネルを壁に面してPCを設置している場合には、やや排熱の影響を受ける場合があるかもしれないが、それ以外であれば、問題ないだろう。

机の下は、密閉性が高く、排熱が溜まりやすいので、冷却性を考えると、本来PCの設置には不向きなのかもしれない。
ただ、その他の設置場所を考えると、やはり机の下に設置することが多くなるだろう。
その場合には、排熱の影響を受けないように、対策することが必要になる。

エアフローは、PCケースの中だけではないことを頭の片隅に入れておいた方がいいだろう。
ラベル: エアフロー
posted by PC_Considering at 03:32| エアフロー総論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。